管理人・岩窟王による
東京ディズニーシー観光
INPRESSION REPORT

December 12, 2001. Report and Photograph by 岩窟王
東京ディズニーシーのシンボル、プロメデウス火山とフォートレス・エクスプロレーション
東京ディズニーシーのシンボル、プロメデウス火山とフォートレス・エクスプロレーション

クリスマス・シーズンのTDSを楽しむ

グランドオープンから3ヵ月経った12月12日に彼女とTDSに行って来ました。

いーさんのレポートや先月行った友人の話(あまりの混雑にアトラクションは諦めてショー中心に周ったとのこと)を聞いていたので、午前10時半頃に到着とかなりの出遅れに、混雑が大変心配だったのですが、天気が良いわりには意外と空いていて、チケット売り場もすんなり通過し、肝心のアトラクションも一部の人気アトラクションを除けば15〜60分待ちと、至って快適なファースト・インパークとなりました♪

まず最初に向かったのは「センター・オブ・ジ・アース」のFP機で、ここも拍子抜けするくらい簡単に、並ぶこともなく夕方のFP(ファストパス)を確保することが出来ました。

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮次に「ロストリバーデルタ」エリアに向かって、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」を90分待ちで体験。
他のテーマパークに比べディズニーがスゴイと思うのは、アトラクションの待ち時間にもゲストを楽しませる工夫が凝らしてあるところだと思います。「中央アメリカの失われた古代文明」というコンセプトの密林に建つ古代遺跡の内部はまるで映画のセット並みの懲りようで、90分待ちもたいして苦になりませんでした。
さて、この「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー」ですが、さすがに人気アトラクション!といった感じでした。最初のアトラクションということもあったでしょうが、期待以上の面白さで(特にラスト)とても楽しめました。
このアトラクションではアニマトロニクスのインディが3体登場しますが、ラストのインディが一番若かりし頃のハリソン・フォードに似ている感じがしました。これらのインディはちゃんとセリフにあわせて細かい演技もするので感動モノです。

出てから出口脇のレストラン「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」で休憩。
これで2大人気アトラクションの体験は確保したので、ブラブラしながら「マーメイドラグーン」⇒「ミステリアスアイランド」経由でクリスマス装飾された「アメリカンウォーターフロント」まで戻り、待ち時間ゼロでショー形式のアトラクション「アンコール!」へ。

クリスマス装飾されたアメリカンウォーターフロントの街並みこの「アンコール!」は有名ミュージカルのダイジェスト版ですが、 歌手はあちらの方ですしダンサーも素晴らしいので、 ミュージカル好きの方にはたまらないショーになっています。
僕等はギリギリに到着したので2階席の最後尾からステージを見下ろす形になったのですが、舞台効果を楽しむには、ちょっと早めに並んで一階中央で観覧するのが最高だと思います。(上演時間25分)

観賞後、「エレクトリックレールウェイ」でポートディスカバリーへ。
ここからまた景色を楽しみつつあちこちブラブラして、プロメテウス火山下の「フォートレス・エクスプロレーション」からメディテレーニアン・ハーバーで行われる「ポルト・パラディーソ・ウォーターカーニバル!」を見学。

これが大失敗で、ショーを裏側から観る形になってしまったので、ダンサーによるカーニバルの群舞が全然見れませんでした。(泣)
これが、今回のTDS観光で唯一の汚点となりました。

「ポルト・パラディーソ・ウォーターカーニバル!」は夜にやる「ディズニー・シンフォニー」よりも派手で人気が高いので、なるべく早めにゲート側で場所を確保した方が良いと思います。
見物する際の取って置きの穴場として、ザンビーニ・ブラザース・レストランテのテラス席があります。ここを早めに確保出来れば、ハーバー全体が見下ろせるので、食事をしながら「ポルト・パラディーソ・ウォーターカーニバル!」を楽しめるだけでなく、真下の広場で行われるダンサーの踊りも楽しむことが出来て、一石二鳥です。僕もここに向かうつもりだったのですが、気が付いたら時間がなくて、諦めた結果が上の通りだったので本当にガッカリしました。(泣)

ヴェネツィアン・ゴンドラが行き交う運河その後SSコロンビア号の内部を散策したりして、またブラブラ。
気が付くと「アンコール!」以降はまともにアトラクションを観ていないのに気が付き、再びポートディスカバリーへ。
途中、古き良き時代の小さな港町を再現したケープコッドで軽食ランチを取ってから、「ストームライダー」の列に並び、ピョンピョン跳ねる靴を履いた派手な衣装のパフォーマーの動きと夕日を眺めつつ、60分待ちで体験。
内容はTDLの「スター・ツアーズ」と似ていますが、それ以上に凝った演出があって面白かったです。 ただ、スクリ−ンの映像が多少黒浮きしていたのが少し残念でした。

夕暮れになって灯がともった園内をマーメイドラグーンへ。
マーメイドラグーンに向かう途中の運河沿いの道にあるベンチは、恋人達の格好の休み場所になっていて、明る過ぎない照明の効果もあって、ちょっとお熱い雰囲気でした。(笑)

待ち時間5分で軽めのコースター「フランダーのフライングフィッシュコースター」を体験後、待ち時間無しで「マーメイドラグーン・シアター」を観賞。
これは映画「リトル・マーメイド」を題材にした、TDS以外では観たことのない形式のユニークなショーで、とても楽しめました。

夕方以降の各アトラクションの待ち時間は、平日と云うこともあってか、日中に比べ、どこもかなり短時間で体験出来るようになっていました。
この後、インパーク後すぐにFPを取った「センター・オブ・ジ・アース」を体験。
途中までは期待したほどでもないなぁ〜と思っていたんですが、ラストの急降下はスリル満点で圧巻でした。

その後、アラビアンコーストまで戻って、舞台と3DCGの複合ショーである「マジックランプシアター」を待ち時間60分で観賞。
ロビン・ファンとしては映画「アラジン」のランプの魔人ジーニー(映画ではロビン・ウィリアムズが声を担当)が主役のこのショーを見逃す訳には行きません。セリフは日本語吹替えで残念でしたが、3Dのショーはやはり面白いです。
その後、照明が綺麗なメリーゴーランドの「キャラバン・カルーセル」 に待ち時間ゼロで乗って、カスバ・フードコートで夕食を取りました。

ミステリアス・アイランドまで戻ると、人気アトラクションの「海底2万マイル」が 待ち時間15分(実際は10分程度)だったので、早速並んで体験。
このアトラクションはふたり掛けの席が3つ背を向けるように設置されている上、アトラクションの最中は真っ暗になるという、なんともカップル向きのアトラクションです。(笑)

「海底2万マイル」を出て来たところで、ディズニー・シンフォニーの花火をチラッと見てから、退園しました。


豪華客船S.S.コロンビア号の前に立つ、巨大なツリーアトラクションは評判通り、インディジョーンズアドベンチャー、 ストームライダー、センターオブジアースが面白かったです。
他もこれは駄目っというアトラクションは皆無でした。
今回は比較的空いていたので余裕を持ってブラブラ出来たのが なにより良かったです。(あまりに無計画にブラブラしてしまったので、ボート系やショー系のアトラクションをもっと体験すれば良かったと後悔しているくらいです)
混雑さへなければ、国内屈指の(いや最高の?)デートスポットと言えるでしょう。

今回意外と空いていたのは、絶対混雑するクリスマス前後と冬休みの直前の平日であったことが大きいと思います。インパークするなら、連休に絡まない平日(月曜や金曜はダメ)で、混雑が予想される時期(お盆や年末年始、ゴールデンウィーク、学校の休み期間)の直前か直後の1、2週間が狙い目なのでしょう。まあ、こんなことは改めて言うまでも無く、それが出来たら世話は無いのでしょうが...。


観光後の印象を言えば、「さすがはディズニー!」といった感じでした。
舞浜駅に降り立って、「イクスピアリ」、「東京ディズニーランド」を横目に「ディズニーリゾートライン」に乗り込む辺りから、もう既に他のテーマパークとの勝負は付いている感じでした。とにかく、すべてが圧倒的なのです。

アクアスフィアメインゲートを入った所にあるアクアスフィアは、TDSの最大のライバルである「USJ」のグローブ(地球儀)にソックリですが、大きさはUSJグローブの1.5倍はあるように見えました。
アトラクションの平均点の高さ、細部の凝り度、ホストのプロ意識・サービス精神の高さ、かけた資金など、USJとTDSにはそれ以上のスケールの差があるように思いました。
まあ、これはあくまでも個人的見解というやつですが...。


いーさんが『東京ディズニーシー 体験レポート INPRESSION』の「案内パンフレット&キャスト」の項で、
「(案内パンフレットは)TDLと同様、入場ゲートの所に置いてありました。 内容の書き方はよく似ているのですが、まだ一般に知られていないのでもうちょっと詳しいパーク内の全体図があるといいなぁと思いました。」 tdsmap
とお書きになっていましたが、僕等が行った時に入場ゲートで配布していたパンフには、別紙による「東京ディズニーシー・マップ」も挟まっていました。
プレビュー時には無かったのでしょうが、そんな訳ですので、一言、書き加えさせて頂きます。


tds_logo.gif
(C) Disney All rights reserved.

Tokyo Disney Resort オフィシャルホームページ

【JTB】東京ディズニーリゾートへの旅
日本旅行「東京ディズニーリゾートへの旅」各地発ツアー掲載、好評発売中!
[一休.com] 東京ディズニーリゾート 周辺ホテル
【じゃらん】東京ディズニーリゾート オフィシャルホテルを予約OK!


記載内容、掲載画像の無断転載を禁じます
Copyright (C)2001 Cinema Kingdom, All Right Reserved.

東京ディズニーシー・オフ会報告

第二回東京ディズニーシー、オフ会報告  

東京ディズニーシー体験レポート INDEXへ

東京ディズニーランド(TDL)役立たず遊々記

米国映画ポスターストア  「ディズニー・アート・プリント」

TDS、USJ関連サイトリンク集へ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)オフ報告 INDEXへ


王国の入口へ  USJ&TDSレポート TOPへ  TDSオフ会報告へ

岩窟王の CINEMA KINGDOM
劇場近日公開作王国伝言板日米DVD新譜情報
映画&DVDリンク集個人輸入指南DVD輸入・BBSDVD輸入・FAQ
米国版DVDで見る日本映画投票・お奨め DVD SHOPHOT DVDS
映画雑記初心者のためのAV講座映画三択クイズ
USJ&TDSレポートTDS、USJ、旅行情報LINK | 映画ポスター
Robin Williams Fan Clubロビン・ファンクラブ会員専用BBS


東京ディズニーリゾートのガイド本、ディズニーグッズ、ビデオ、DVDは、
Amazon.co.jp ディズニーストアまでどうぞ!