王国の最新情報



『松竹の経営危機について』
'99/03/06

 日本の三大メジャー映画会社のひとつである松竹が、子会社である洋画配給会社『松竹富士』を年内にも清算、解散する可能性が高いことが明らかになった。
 それに加えて、大幅な赤字の続く映像製作部門の規模縮小、日本の映画配給システムの基盤であった「ブロック・ブッキング・システム」をやめ上映チェーンを解体する意向も発表された。
アメリカにならい、日本でも早期廃止をすべきだと考えていた系列配給制度だが、まさかこんなかたちで実現しようとは…。
 渥美清死去に伴うドル箱シリーズ『男はつらいよ』の打ち切り、奥山親子の役員解任、鎌倉シネマワールドの閉鎖と暗いニュースが続いていた松竹だが、いよいよ屋台骨の聖域にまで本格的リストラの嵐が及ぶこととなった。不振作が続き、年間配収がわずか28億円ということなので致し方ない気もするが、小津監督や木下監督は草場の蔭でさぞ哀しんでいることだろう。長年のライバルである東宝が近年になく大ヒットを連発している中、なんとも対称的で皮肉な話である。

 ロビン・ウィリアムスのファンにとって心配なのが次回作『奇蹟の輝き』の配給が松竹富士であることだ。『シン・レッド・ライン』とマット・デイモンの最新作『ラウンダーズ』の上映は決定しているらしいが、まさかお倉入りなんてことにはならないでしょうな…。


『キューブリック監督、逝く』
'99/03/09

 既に御存じの方も多いでしょうが、今月の7日に偉大な映画作家であるスタンリー・キューブリック監督が、ロンドン北方のセントオルバンス郊外の自宅で亡くなりました。享年、70歳でした。
 ロイター・共同通信によれば、現地のスポークスマンは死去の事実だけを発表し、死因についてのコメントは特に無かったようです。
 現在、ジョン・ウー監督と「ミッション・インポッシブル2」を製作中のトム・クルーズが妻のニコール・キッドマンと共に出演した、12年ぶりの最新作『アイズ・ワイド・シャット』は既に完成しており、北米では7月16日に、日本でも今夏中には公開の予定だそうです。

 彼は映像の魔術師、完全主義者と呼ばれ、アメリカ人でありながら英国在住で仕事をし、”ハリウッド的商業主義を嫌う、寡作、大きな賞には無縁、極端な飛行機嫌い、長期に渡る製作過程を一切明かさない”ことなどで有名な方でした。
 監督の死を悼んでスティーブン・スピルバーグは、 「彼は誰のまねもしなかったが、われわれは皆、彼の模倣をしようとした。彼は映画以上のものを創り、映像を越える実体験を与えてくれた」とコメントしています。
これで思い出すのが『スター・ウォーズ』を創った時のジョージ・ルーカスの言葉です。彼はあるインタビューの際に 、こう語りました。
「宇宙を舞台にした映画といえば誰もがキューブリックの『2001年 宇宙の旅』を思い浮かべる。僕も初めて映画館で観た時はカルチャー・ショックを受けた。SFの特撮をあれほど重厚に演出できるのは彼だけだ。だから僕は逆に、短いショットを積み重ねる演出方法と『編集』で勝負したんだ」

 たいへんなショックで言葉もありませんが、いずれ映画雑記のコーナーでキューブリック監督の足跡についての特集を組むつもりでおります。
今はただ、心からの御冥福をお祈りするばかりです。


『更新情報』
'99/03/12

 映画雑記の『黒澤明監督作品のススメ』に『黒澤明 全監督作品リスト』を追加リンクしました。作表のタグ打ち作業には、友人の柏原氏の協力を頂きました。感謝しております。
 それから、『初心者の為のAV講座』も追加しましたが、話が脱線しがちで未だ未完です。現在2ページ入っていますが、後2ページくらいはかかりそうです。連載記事のつもりで読んでもらえると気が楽です。

緊急告知!!
 王国で使用中の無料掲示板が提供者側の都合で閉鎖されます。新たな書き込みは、新伝言板の方にお願いします。突然ですが、宜しく。

 王国では、相互リンク先を募集しております。DC作成、PC作成を問わず、映画ページをお持ちのWebマスターの方で、当ページと相互リンクをしても良いという方がおりましたら、お手数ですが御一報下さい。それから、「いますぐリンク」も設置しましたので、こちらも遠慮なく登録して下さい。

 記事の内容に誤りがあった場合は、気が付き次第、予告無しで訂正しています。以前と違う記述があった場合は、新しい方が正しいとお考えください。

 カウンターで切りの良い数字をGETされた方は、 是非、書き込みをお願いします。おかげさまでもうすぐ800番です。宜しく!

 王国のリンク集は突貫工事だった為、リンク先にご連絡がいっていない所があります。リンク・フリーのWebを掲載しているつもりですが、誠に申し訳ありません。事後になりますが、これからメール等で随時お知らせをし、御了解を頂くつもりでおります。もし、不都合な点がございましたら、お申しつけ下さい。即刻、削除・訂正いたします。


『日本アカデミー賞の結果』 '99/03/13

 昨日の12日、日本アカデミー賞授賞式が行われた。主要な授賞者は 以下の通り。
最優秀作品賞『愛を乞うひと』
最優秀監督賞 平山秀幸『愛を乞うひと』
最優秀主演男優賞 柄本明『カンゾー先生』
最優秀主演女優賞 原田美枝子『愛を乞うひと』
最優秀助演男優賞 いかりや長介『踊る大捜査線』
最優秀助演女優賞 麻生久美子『カンゾー先生』
協会栄誉賞 故黒澤明監督

 独立系では異例の11部門でノミネートされていた北野武の『HANAーBI』は、結局、音楽賞一部門だけの授賞に留まった。北野監督はコメントを求められ、「見事な結果でしょう。何かゴール前でステンとこけた感じだね。(助演男優賞の最有力候補と見られていた大杉漣について)漣さんぐらい取れてもよかったのにね。何か変な賞だね」と苦笑まじりに語った。これは、大手映画会社が設立運営し、社員の多くが投票権を持つ日本アカデミー協会への批判とも取れる。

 黒澤監督が「影武者」公開時に「名前だけものまねした、権威ない賞は受けられない」と日本アカデミー賞の授賞を拒否してから、完全無視を決め込んでいた協会が、今ごろになって亡き監督に対し協会栄誉賞を送った。授賞式には長男で黒澤プロの社長兼プロデューサーの久雄氏が出席し、「黒澤明は、いつも日本の映画が素晴らしくなることを考えていた。(日本の映画関係者も)できるなら黒澤を踏み台にして大きくなって欲しい」とスピーチした。
この後、『悪い奴ほどよく眠る』に出演した三橋達也が以下の様な祝辞を代読した。
「アキラ・クロサワは本当の意味での芸術家の一人でした。忘れることのできない数々の映像美で計り知れない影響を受けました。できることなら、この手でクロサワに栄誉賞を与えたかった。 スティーブン・スピルバーグ」
(でも、皆さんも御承知の通り、本家のアカデミーは1990年に黒澤監督の長年に渡る功績に対して「オスカー特別名誉賞」を送っている。この発起人の一人は当のスピルバーグ)

 現在、黒澤プロは監督の遺作脚本『雨あがる』の製作準備に追われているが、来年はこの作品で本賞を狙うという。今後は協会とも良い関係を保ちたいという事だろう。



岩窟王の CINEMA KINGDOM
劇場近日公開作王国伝言板日米DVD新譜情報
映画&DVDリンク集個人輸入指南DVD輸入・BBSDVD輸入・FAQ
米国版DVDで見る日本映画投票・お奨め DVD SHOPHOT DVDS
映画雑記初心者のためのAV講座映画三択クイズ
USJ&TDSレポートTDS、USJ、旅行情報LINK | 映画ポスター
Robin Williams Fan Clubロビン・ファンクラブ会員専用BBS

−BACK−】 【−NEXT−