六畳間ホームシアター・レポート

720Pプロジェクターを中心としたカジュアルシアターへの道

720p液晶プロジェクター「SONY VPL-AW15」
2007/05/15/UP

去る5月10日、ソニーから「ブラビアエンジン」を搭載した
720p液晶プロジェクター『VPL-AW15』の発表がありました。
発売は6月20日、実売予想価格は17万前後とのことです。

SONY VPL-AW15
  画面サイズ: 40〜200インチ(対角16:9)   輝度: 最大1100lm    コントラスト比: 12000:1   動作音:最低約20dB    高圧水銀ランプ165W   レンズシフト機能    レンズ:1.6倍ズームレンズ(f=21.3〜34.1mm、F2.4〜3.1)    映像入力:コンポジットビデオ、S-Video、コンポーネントビデオ、       HDMI(1080i/p入力対応)、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)、       RS-232C端子(リモートコントロール用)   消費電力:最大265W       (スタンバイモード時7W、エコモード時0.5W)   重量: 約6.0kg    外形寸法 (W×H×D): 370mm × 119mm × 320mm  ニュースリリース  ソニーeカタログサイト[Sony eCatalog] VPL-AW15  「VPL-AW15」 【価格.com】  楽天市場「VPL-AW15」検索結果 SONYのプロジェクターと云えば、 反射型液晶デバイス「SXRD」フルHDパネルを搭載した 「VPL-VW100」、「VPL-VW50」がお馴染みですが、 この『VPL-AW15』は、3LCD方式のプロジェクタで 2005年の晩秋に発売された720pモデル『VPL-HS60』の 事実上の後継機ということになります。 搭載する液晶パネルは、 他社が採用するエプソン製ではなく、 従来通り、自社開発の0.73型TFT液晶透過型パネル (1280×720)を採用しています。 SONYの720p液晶プロジェクターは、他社のモデルと比べ、 実売価格が5万から10万前後高いのがネックで 実際、あまり売れていませんでしたが(苦笑)、 『VPL-AW15』は予想価格が17万前後との事ですから 他社製品並か、それ以下の売価になりそうです。 仕様上の特徴は、 新開発の165W高圧水銀ランプを搭載し、 輝度を最大1100ルーメンとしている点と、 絞り機能「アドバンストアイリス2」と、 ランプから光学ユニットを経由して送られてくる 光の漏れを抑える「ハイコントラストプレート」の 相乗効果により、最大12000:1の高コントラスト比を 実現している点、それに、静音設計構造と 新開発の冷却ファンの採用により、動作音を 最低で約20dBとかなり静かなレベルに抑えている点 などですが、最大の注目点は、同社の人気液晶TVなどで お馴染みの高画質回路、「ブラビアエンジン」を プロジェクター用にアレンジして搭載している点でしょう。 ソニーでは、このプロジェクターをブラビアシリーズの 新モデルという位置付けで売り出すつもりのようです。 尚、『VPL-AW15』単体とは別に、 新開発の特殊な反射材料を使用することにより 環境照明光の反射を低減し、 明るいリビングでもハッキリとした映像を実現する、 自立スタンド型のワイド80型スクリーン 「ダイナクリアスクリーン」と『VPL-AW15』の 組み合わせキット、「VPL-AW15KT」も同時発売 されるそうです。 ただ、このスクリーン、見た目からすると 全暗状態で投射した場合にどんな映像になるのか ちょっと不安になります。 ここからは、僕個人の率直な感想を 忌憚なく述べさせていただきます。 「ブラビアエンジン」を搭載している点と 静音化と低コスト化はたいへん評価が出来るものの、 残念ながらデザインはあまりパッとしませんし、 いまひとつ強力な「売り」が伝わって来ません。 昨今話題のソニーの商品企画力、 商品開発力の低迷を否応なく感じてしまう点は、 いまだに自社開発の0.73型720pTFT液晶透過型パネル にこだわっている事と、人気の「VPL-VW100」や 「VPL-VW50」のデザインの流れを踏襲していない事です。 今年の晩秋に発売されるであろう他社の720p液晶モデルが 無機配向膜化を実現し、縦縞ノイズと黒浮きを低減した エプソン製C2FINE(クリスタルクリアファイン)D6パネル を搭載して来ることは、ほぼ確実でしょう。 その時に『VPL-AW15』に搭載されている液晶パネルに 対抗力はあるでしょうか? 僕らがSONYのプロジェクタ開発陣に望むのは、 720p D6パネル搭載モデルがもし発売されたとしても それらのモデルよりも数段高画質で、充分な競争力を持つ、 「SXRD」パネル搭載の720pプロジェクターを 現行の720p液晶モデルとほとんど変わらない価格で 実現してほしい、ということなのです。 (「SXRD」のフルHDモデルについても同様です) もちろん、デザインは、「VPL-VW100」や「VPL-VW50」 の外観を踏襲したものにしてもらいたいです。 もしそんなプロジェクターが開発されれば、 まず間違いなく、大人気モデルとなるでしょう。







Amazon.co.jp アソシエイト

楽天市場では商品検索後、複数の店の値段を比較して購入出来ます
【楽天市場】マイルームが劇場に大変身!ホームシアター導入特集

前のレポートへ                 「六畳間ホームシアター・レポート」TOPぺージへ戻る

検索等で直接こちらへいらした方は、こちらをクリックして、フレーム表示のTOPへ お戻り下さい


当ページSHOPアンケート総合一位murauchi.com会員登録でDVD20%OFF!
Yahoo!ショッピング
TSUTAYA online
家電品の安さ、品揃えに自信あり!激安!家電のタンタンショップはこちら
ソフマップ・ドットコムは、DVDソフトが豊富!予約商品充実ラインナップ!
「本・CD・DVD・ゲーム」販売買取サイト『ユーブック』


岩窟王の CINEMA KINGDOM
ブログ映画&DVDリンク集個人輸入指南DVD輸入・BBSDVD輸入・FAQ
米国版DVDで見る日本映画投票・お奨め DVD SHOPHOT DVDS
映画雑記初心者のためのAV講座映画三択クイズ
USJ&TDSレポートTDS、USJ、旅行情報LINK |  映画ポスター
Robin Williams Fan Clubロビン・ファンクラブ会員専用BBS