六畳間ホームシアター・レポート

720P液晶プロジェクタ「Panasonic TH-AE700」を中心としたカジュアルシアターへの道

HDVハンディカム「HDR-HC1」購入(その二)
2005/07/24UP

しばらくして戻って来た店員は、
HC1は「144,800円プラス5%ポイント還元」
NP-QM71Dは「9800円プラス3%ポイント還元」
で、どうでしょうか? と云います。
となると、HC1本体は実質13万円代です♪
これがギリギリの線だということで納得しました。


どうせ量販店で買うのであれば、万一の場合を考えて
ついでに5年間の長期保証に入ろうと思っていました。
無理とは思いつつ、「無料にしてくれない?」
と訊いてみましたが、さすがに無理とのことでした。
そこで素直に5%分の料金を払って加入することにしました。
これでポイント分は相殺されてしまったワケですが、
他にいくらか貯まっていたポイントがあったので、
その分を引いてもらいました。
結果的には良い買い物だったと満足しています。


帰る途中、他の量販店に寄って、安いキャリーバッグと
2mのiLink用ケーブル、それにキャリーストラップ
を買いました。
(ワザワザ他の量販店で買ったのは
 期間限定で使える数千円分のポイントがあったからですw)

その後、ネットでリモコン三脚の「VCT-870RM」と
ワイコンレンズ「VCL-HG0737Y」を注文しました。
純正のリモコン三脚「VCT-870RM」は在庫があり、
二日後には到着しましたが、ワイコンレンズは品薄らしく、
来月以降の入荷を待つしかないようです。


早速、地元の夏祭りなどを撮影してみました。 撮影済みのDVテープをハイビジョンTVで観る場合は 一般には付属のD端子ケーブルで接続しますが、 WEGAにひとつ空いていたiLink端子が使えたらと 買って来た2mのiLinkケーブルで繋いでみました。 「HDR-HC1」の接続方法の中でも iLink接続は最も高画質・高音質で伝送出来ますが、 iLinkには相性問題が常に付きまといます。 僕のTVはSONYの「KD-36HD900」です。 スーパーファインピッチ・ブラウン管を搭載した 1080i表示が可能なデジタルハイビジョンTVですが、 既に製造終了モデルですので、 「HDR-HC1」の取扱説明書のiLink対応機種 のリストには載っていませんでした。 しかし、実際に接続してみると、 HD900のiLink画面でHC1を指定してやり、 HC1側で操作してやれば、何の問題もなく、 映像と音を楽しむことが出来ました♪ 撮影して来た映像をじっくり観てみました。 さすがにいくら1080iのハイビジョン撮影とは云っても BSデジタルで見慣れた業務用のHDカメラの映像には 多くの点で及びません。(笑) しかし、一昔前のビデオカメラと同価格、同サイズの ビデオカメラで、これだけの映像が楽しめるのですから 文句など云ったらバチが当たろうというものです。(笑) 正直、今までのDVビデオカメラとは次元が違う、 素晴らしい画質だと思います。 「HDR-HC1」は、高校の放送部や大学の映画研究会、 自主制作の映画サークルに所属する人たちにとって 革命的な製品となるでしょう。 10万円台の小さなカメラと安いDVテープで、 8mmや16mmなど比較にもならないクオリティの 映像作品が残せるのですからね。 万一、それが放送や上映をされることになっても 元が1080i映像であればかなり有利です。 問題は、編集の為の機材が限られ、しかも 一から揃えるとなると多少高額になってしまう点でしょうか。 僕にも事あるごとにビデオカメラを持ち歩いていた 時代がありました。 撮影し、字幕を入れ、ミキサーで音をダビングして 仲間内の上映会をよく催したものですが、 それは初期の「Hi8ビデオカメラ」の頃まで遡る話です。(苦笑) その頃使っていた機材は何も残っていませんので、 近いうちに都内の量販店にでも出掛けて、 他のアクセサリー類も物色してこようかと思います。 「HDR-HC1」を手に入れた今となっても 「で、一体、何を写すの?」という想いは残りますがw、 純粋に激しい物欲を覚えた製品だったので 眺めているだけでニヤケてしまう僕なのでありました。(笑) ※7/28追記※ 動画からも静止画が撮れて、デジカメ代わりにもなる 「HDR-HC1」の為に、本日、「メモリースティックPRO Duo」 の256MBを買って来ました。 HC1の静止画は最高モードで4:3画面が1440×1920(2.8M)、 16:9画面が1920×1080(2.1M)、動画からの取り込みが 16:9画面で1440×810(1.2M)となっています。 最新のデジカメの画素数と比較すれば低画質ですが、 WEBに貼り付けたり、L版サイズでプリントする限りは 充分、実用に耐えると思います。 また、購入したソニー純正の三脚「VCT-870RM」は 手軽に持ち運べる大きさではないので、他に デイパックにも入るサイズのコンパクトな三脚が 欲しくなりました。そこでアマゾンで安くなっていた SLIK社の「トラベルスプリント GM(ガンメタ)」を 注文しました。 ※スリック トラベルスプリント 縮長:360mm、全高:1,110mm、エレベーター下げ全高900mm、 重量:740g、地上最低高:142mm それから、純正のワイドコンバージョンレンズ  「VCL-HG0737Y」を注文したと書きましたが、 どうも納期がかなり遅れそうな感じなので 思い切ってキャンセルしてしまいました。 その後、ソニー純正の偏光フィルター・キット 「VF-37CPK S」と共にどこかに在庫がないか、 あちこちのショップを当たってみましたが、 ソニーの直営店「ソニースタイル」にすらありません。 いやぁ〜、HC1人気は想像以上に凄まじいようです。(苦笑) そこで純正は諦めて、Raynox(レイノックス)のワイコンレンズ 「HD-5000PRO」を買うことにしました。 こちらもHC1人気の影響でか、ほとんどの店で在庫切れに なっていましたが、どうにか在庫アリの店を見付けたので 慌てて注文した次第です。 このワイコンレンズにしたのには理由があります。 ソニーの「VCL-HG0737Y」の、倍率:約0.7倍、 大きさ:最大径77mm、全長約58mm、質量:約320g というスペックに対し、「HD-5000PRO」は倍率:約0.5倍、 大きさ:最大径66mm、全長約40mm、質量:約110g と、 画角が拡がって、なおかつ、かなり軽量コンパクトに 仕上がっています。 また、純正のワイコン「VCL-HG0737Y」では 前面にフィルターを取り付けることが出来ませんが、 「HD-5000PRO」であれば62mm径の各種フィルターを 取り付けることが出来ます。 そこで、これと合わせてMARUMI(マルミ)の偏光フィルター、 「ウォータープルーフコート C-PL 62mm口径(WPC C-PL)」 を注文しました。 数日以内に到着すると思いますので、 無事届きましたら、またご報告したいと思います。 ※「HC1」関連のその後の記事一覧(2005年10月現在) 「HDR-HC1」のアクセサリー(その二)(ブログ、2005/08/07) 「HDR-HC1」早くも故障(ブログ、2005/08/12) HC1戻る(ブログ、2005/08/25) 「HDR-HC1」でTDSオフ会を撮る(ブログ、2005/09/19) 「HDR-HC1」のテスト(ブログ、2005/09/22) 「HDR-HC1」またもや修理へ(ブログ、2005/09/28) マイク「ECM-HST1」購入。「HDR-HC1」戻る(ブログ、2005/10/06) 奥日光へ(ブログ、2005/10/17) 谷川岳 天神平(ブログ、2005/10/23) ブログ「HDR-HC1」カテゴリー







Amazon.co.jp アソシエイト

楽天市場では商品検索後、複数の店の値段を比較して購入出来ます
【楽天市場】マイルームが劇場に大変身!ホームシアター導入特集

前のレポートへ                 次のレポートへ

検索等で直接こちらへいらした方は、こちらをクリックして、フレーム表示のTOPへ お戻り下さい


当ページSHOPアンケート総合一位●murauchi.com●会員登録でDVD20%OFF!
いーでじ!!Yahoo!映画館 DVDソフト20%OFF!
TSUTAYA online
家電品の安さ、品揃えに自信あり!激安!家電のタンタンショップはこちら
ソフマップ・ドットコムは、DVDソフトが豊富!予約商品充実ラインナップ!
「本・CD・DVD・ゲーム」販売買取サイト『ユーブック』


岩窟王の CINEMA KINGDOM
ブログ劇場近日公開作王国伝言板日米DVD新譜情報
映画&DVDリンク集個人輸入指南DVD輸入・BBSDVD輸入・FAQ
米国版DVDで見る日本映画投票・お奨め DVD SHOPHOT DVDS
映画雑記初心者のためのAV講座映画三択クイズ
USJ&TDSレポートTDS、USJ、旅行情報LINK |  映画ポスター
Robin Williams Fan Clubロビン・ファンクラブ会員専用BBS