六畳間ホームシアター・レポート

720P液晶プロジェクタ「Panasonic TH-AE500」を中心としたカジュアルシアターへの道

グランドアバック新宿店視察オフ会 その4
2004/12/12

「MECHALIA」での視聴を切り上げ、
ドアを開けていただくと、一人のスタッフの方が
「どうも遅くなりましたぁ〜」とwhitewindyさんに
話し掛けて来ました。

声の主はwhitewindyさんが常連さんだった立川店から
この新宿店に移ってこられたという関口氏で、
お話を聞いていると、どうも今日のオフ会の件で
アバック側の窓口になっていただいていた様子です。
後に、whitewindyさんにお聞きしたところ、
関口氏の自宅のオーディオルームにもお邪魔した事もある
とのことで、かなり親しい間柄のようでした。

ヴィジュアルの方がひと段落したのと、
whitewindyさんの希望もあって、
ハイエンドのピュア・オーディオ機器が並ぶ
オーディオ専用の「PURE AUDIO試聴ルーム」へ。

おふたりの会話をお聞きした感じでは、
whitewindyさんを急激に海外オーディオ機器による
システム構成に走らせたのは、この関口氏の影響が大
なのではないかと想像しました。(笑)
ご自身でもおっしゃっておりましたが、
関口氏の得意分野は映像よりもオーディオの方
といった印象があったからです。


「結局、今日のオフ会は何人になったのですか?」
などと聞かれて、思わず苦笑しましたが、
こちらでは、「オープン前の惨憺たる部屋の音場を
散々苦労して、ここまでに調整したんです。
まだ不満はありますが、音がいかに部屋の音響特性に
左右されるかを、改めて考えさせられました」
と云った開店にまつわる苦労話をお聞きしたり、
スピーカー「WILSON AUDIO SYSTEM-7」を
Jeff Rowland(ジェフ・ローランド)の「MODEL 501」と
「MODEL 302」で聴かせていただいたりしました。
(ソースはモーツァルトの「レクイエム」他)


デジカメを持参したのですが、撮るのをすっかり忘れていて、全部で二枚しか撮影していませんでした。(汗)

「ちょっと手が出ない値段だなぁ〜」と思いつつも
たまにクラシック音楽をハイエンド・オーディオで
聴かせていただくと、気分が「凛」として、
良いものですね。
(僕の場合、クラシックは、ほとんどモーツァルトの
 協奏曲程度しか、聴かないのですがw)


恋に落ちたシェイクスピア最後に、もう一度
「プロジェクター・シュートアウト・ルーム」に戻って
全暗状態で、ハイビジョン放送と高画質DVDとして
定番の「恋に落ちたシェイクスピア」を使って
比較視聴をする傍ら、しばらく雑談を楽しみました。


その中で印象に残ったのが「HDMI端子」に関しての話です。
「DVI端子」に代わって今年の新製品には
「HDMI端子」が装備されるケースが増えています。
ところが、この「HDMI」はまだかなり不安定なようで、
安物のケーブルを使うと酷い映像になる場合があるとの事です。
関口氏は、以前からアナログの映像ケーブルに関しては
それほど神経質になる必要はないとお考えだったようですが、
「HDMI接続」をしたいという顧客に対してだけは、
「多少無理をしても高級ケーブルを購入された方が良い」
とお奨めしているのだそうです。

また、DVDプレイヤーによっては、「HDMI接続」時に
DVDの480P信号を720Pや1080iにアップスケーリングして
出力する事が可能ですが、ケーブルの長さが5mを越えたり
品質に問題があったりした場合は、480Pの映像は映っても、
720P以上の映像は映らない場合があるようです。
デジタル伝送ですので、送信中に少しでも情報が欠けると、
まったく映らないという事態になるのでしょう。

DVDPと720Pプロジェクタで「HDMI接続」をする場合は、
僕のように、プレイヤをプロジェクタの近くに設置した方が、
トラブルの原因が少なくなって、良さそうですね。
高級なHDMIケーブルで、しかもケーブルの長さが長いと、
かなり高額になります。
ですから、機器同士を近くに置けるようであれば
財布にもやさしくて、一石二鳥ですw。


そんな話をお聞きしているうちに、
持参したDVD「マスター・アンド・コマンダー」
のことを思い出し、「DVDを持って来たんですが、
冒頭部分を再生してもらえますか?」と
関口氏にお願いをしました。
すぐに了解していただけましたが、
「マスター・アンド・コマンダーなんですよ」と云うと
「ああ、キツイですねぇ」と苦笑いされていましたw。

マスター・アンド・コマンダー「マスター・アンド・コマンダー」の冒頭部分は、
夜の海を進む帆船の俯瞰撮影と、
ほとんど灯りの無い船の内部の映像で始まり、
その後、霧のかかった早朝の海を舞台にした、
船上のシークエンスに移ります。
どちらも黒浮きや縦縞が目立ちやすく、
液晶プロジェクターには厳しい場面の連続です。
また、単版式DLPプロジェクターにしても
色の階調が等高線状になって見える「疑似輪郭」や、
暗部に乗る誤差拡散ノイズなどが目立ちやすい
手強いソフトとなっています。


さて、その映像比較の結果ですが…、
これが先ほどの印象とは違い、
SONYの「VPL-HS50」の映像が圧倒的に良いのです。
これには唖然としました。

多少黒ツブレ気味のチューニングですが、
黒浮きの目立つ他の液晶プロの中にあって
黒がちゃんと黒として沈んで観え、
まるでDLPプロジェクタ並みのコントラストです。
「VPL-HS50」とほぼ同じ原理のシーン連動型絞り機構
「ダイナミックアイリス」を搭載する「TH-AE700」も
とても太刀打ち出来ない「黒」が表現されています。
伊達に30万はしないという感じで
「VPL-HS50」の実力の一端が垣間見れました。


そろそろ引き上げることにして
お礼の意味も込めて、何か備品でも買おうかと
思っていると、whitewindyさんが
『「HiVi CAST」を買って帰ろう』と云うので、
僕も買うことにしました。
「HiVi CAST」はステレオサウンド社が製作した、
DVDチェックディスク(映像と音響の調整用DVD)で
ずっと気になっていたソフトでした。

グランドアバックのスタッフの皆さんは酒豪揃いと
サイトの「スタッフ紹介」欄で確かめていたので、(笑)
「近くにおすすめの居酒屋はないですか?」
と関口氏にお聞きしました。
すると、青梅街道を新宿駅方向に進んだ途中の地下一階に、
「土風炉」という料理のうまい居酒屋があるとのことで、
オフの締めくくりはそちらで行うことにしました。

そんな訳で午後6時半過ぎに
関口氏を始めとするスタッフの皆さんにお礼を言って
グランドアバックを後にしました。
(関口さん、その節は大変お世話になりました。
 お見送りまでしていただき、ありがとうございました)







Amazon.co.jp アソシエイト

楽天市場では商品検索後、複数の店の値段を比較して購入出来ます
【楽天市場】マイルームが劇場に大変身!ホームシアター導入特集

前のレポートへ                 次のレポートへ

検索等で直接こちらへいらした方は、こちらをクリックして、フレーム表示のTOPへ お戻り下さい


当ページSHOPアンケート総合一位●murauchi.com●会員登録でDVD20%OFF!
いーでじ!!Yahoo!映画館 DVDソフト20%OFF!
TSUTAYA online
家電品の安さ、品揃えに自信あり!激安!家電のタンタンショップはこちら
ソフマップ・ドットコムは、DVDソフトが豊富!予約商品充実ラインナップ!
「本・CD・DVD・ゲーム」販売買取サイト『ユーブック』


岩窟王の CINEMA KINGDOM
劇場近日公開作王国伝言板日米DVD新譜情報
映画&DVDリンク集個人輸入指南DVD輸入・BBSDVD輸入・FAQ
米国版DVDで見る日本映画投票・お奨め DVD SHOPHOT DVDS
映画雑記初心者のためのAV講座映画三択クイズ
USJ&TDSレポートTDS、USJ、旅行情報LINK |  映画ポスター
Robin Williams Fan Clubロビン・ファンクラブ会員専用BBS