六畳間ホームシアター・レポート

720P液晶プロジェクタ「Panasonic TH-AE500」を中心としたカジュアルシアターへの道

後継機、続々登場!
2004/09/02、09/10、09/15

dreamio EMP-TW200H
9月2日、時を同じくして 遂にエプソンとパナソニックから 新型720P液晶プロジェクタの発表がありました。 使用されているのは両機ともD4パネルです。 dreamio EMP-TW200H ニュースリリース dreamio(ドリーミオ)「EMP-TW200H」 AV Watch「エプソン、クラス最高1,500ルーメンのホームプロジェクタ」 価格.com 「EMP-TW200H」 楽天市場 「EMP-TW200H」サーチ結果
Panasonic TH-AE700
液晶プロジェクター(カジュアルシアター) | Panasonic TH-AE700 ニュースリリース 「TH-AE700」 AV Watch 「松下、世界初のシーン連動型絞り搭載の液晶プロジェクタ」 ITmedia ライフスタイル:魅力の色再現に設置性をプラス ――映画のためのプロジェクター「TH-AE700」 価格.com 「TH-AE700」 楽天市場 「TH-AE700」サーチ結果 エプソンの「EMP-TW200H」は明るさが1500lmとなり、 コントラスト比1000:1(最高輝度時の白と最低輝度時の黒の輝度差は、 約3000:1)を達成、独自のカラーマネジメント技術 「ColorReality2」を搭載、動作音28dB、などとなりましたが、 デザイン自体に変わりばえはなく、DVI端子の搭載も見送られて 完全なマイナーチェンジ機という印象です。 尚、発売日は9月17日で、価格はTW200と同額の268,000円だそうです。 ITmedia ライフスタイル:レビュー:劇場がある暮らし――Theater Style TW500に迫るコントラスト感と色バランス プロジェクター「TW200H」 これに対し、パナソニックの「TH-AE700」はデザインも一新し、 シーン連動型絞り機構 「ダイナミックアイリス」の搭載などで 明るさ1000lm、2000:1の高コントラストを実現、 任意の色(約10億7千万色)を独立して調整可能な新技術 「シネマカラーマネジメント」、NEW「スムーススクリーン」、 騒音26dB(エコノミーモードでない時でも30dB)、 さらに2倍光学ズームレンズとレンズシフト機能を新たに搭載し、 設置場所と投射距離の自由度も大幅に広がるなど、 完全に新製品という体裁です。 尚、デビッド・バーンスタイン氏監修による「ハリウッド画質」モード、 「シネマ1」は従来通り継授されているそうです。 また、DVI-D端子は今回、HDMI端子に変更になり、 排気口がAE500の後部から前面に変更になりました。 …つまり、噂にあったヨーロッパの「PT-AE700E」の情報は すべて事実だったことになります。お見逸れ致しました。(苦笑) 「TH-AE700」は10月8日発売だそうです。 店頭予想価格が25万円前後と、現在のAE500の売価に比べますと、 ちょっと高額になりそうですが、AE500も発売当初の 店頭予想価格は25万円前後となっておりましたので、 発売からしばらく経てば、20万前後に落ち着くのではないでしょうか。 ともかく、来年のD5パネル搭載機の発売までは トップを驀進しそうな素晴らしいスペックだと思います。 D4パネル搭載機も成熟の域に達して、 いよいよ「真打登場!」というところでしょうか。 ※「TH-AE700」発売後の評判をまとめます。 「TH-AE500」との比較で、より明るくなり、 (黒浮きが完全に解消された訳ではないものの) コントラストが高くなった、との感想は当然として、 他に以下のような報告が寄せられていました。 ◎Z3、200Hとの比較が出来た視聴会に行かれた方々の感想では 「TH-AE700」を支持する声が圧倒的。 ◎スムーススクリーンの改良でフォーカスがよくなった。 ◎AE500ではエコノミーモード時に「プロジェクターAI」は 使用出来なかったが、AE700の「ダイナミックアイリス」は エコノミーモード時も作動する。 ◎AE500用の天吊りキットはAE700にも流用可能。  (天吊り用のビス穴の位置は同じ) ◎D4パネル最大の欠点であった「縦縞」(ラビングノイズ) の報告がない。(改良により払拭されたのか?) パネルの解像度自体は変わらない為か AE500からの買い替えをなさった方から2件ほど 「AE500と大差ない」とのご意見もありましたが、 大方の感想は非常に良好のようです。 特に、「縦縞」(ラビングノイズ)の報告がない事実には 注目すべきでしょう。 ※追記(2004/10/23)※ AV Watchの「西川善司氏の大画面マニア」にて 「TH-AE700」のレポートがアップされました。 AV Watch 「ついにレンズシフト対応のカジュアル・シアター 〜熟成された画質と高い設置自由度 松下電器「TH-AE700」〜 」 このレポートによると、 上の感想のいくつかが覆されています。 まず、「AE500用の天吊りキットはAE700には流用出来ない」 とあります。 パナソニックの天吊りキットに関しては確かにその通りで、 松下のサービスセンターに質問してもそう云われるそうですが、 シアターハウスのBBSでの店長さんの情報では、 シアターハウスのAE500用の天吊りキットはAE700にも流用可能 とのことでした。(どっちなんじゃい…) 僕が知りたいのは 「両機の天吊り用のビス穴の位置は同じかどうか?」 だったのですが、結局、どちらなのでしょうか??? ※追記※ その後、AE500用の天吊りキットがAE700にも流用出来る事が 判明し、記事に訂正文が加わりました。 それからもっと重要なのは、 「AE700でもラビングノイズは見える」という点です。 価格.comの口コミ掲示板で、AE700の購入者に この点について何度かお尋ねしたのですが、 その時には「ある」と答えた方は皆無でした。 まあ、個体差はあるのでしょうが、むしろ 「見えない」との投稿のほうが多かったので てっきり改善されているのかと思っておりました。 となると、AE500からの買い替えは得策ではありませんね。 迷いがひとつ消えました。(苦笑) ITmedia ライフスタイル:レビュー:劇場がある暮らし――Theater Style 魅力の色再現に設置性をプラス 映画のためのプロジェクター「TH-AE700」
SANYO LP-Z3
9月10日、サンヨーから人気機種「LP-Z2」の後継機にあたる 「LP-Z3」の発表がありました。 採用されている液晶パネルはやはりエプソンのD4パネルです。 LP-Z3 ニュースリリース 「LP-Z3」 AV Watch 「三洋電機、電動アイリス搭載のホームプロジェクター「LP-Z3」 −リアル10bit処理の画質システム「トパーズリアル」採用」 価格.com 「LP-Z3」 楽天市場 「LP-Z3」サーチ結果 発売日は10月15日で、価格は294,000円。 液晶プロジェクタでは珍しく、ミラノブラック(K)と プレシャスシルバー(S)の二色のカラーバリエーションが 用意されています。 また、パネル解像度を下げた下位モデル「LP-Z1X」も 同時に発表されました。 (10月21日発売、価格231,000円、シルキーシルバー) 外見的にはマイナーチェンジ機という感じですが、 「リアル10ビットデジタル映像処理回路」を新搭載し、 色再現性、階調、等をZ2から大幅に改善したと云います。 また、「電動レンズアイリス機構」や「新リアクトイメージモード」 などにより、明るさ「800ルーメン」で 「コントラスト比2000:1」を実現しているそうです。 静音化もより追求し、ピュアシネマモード時、または、 ランプをシアターブラックモードにした場合に「23dB」を達成、 通常のブライトモードにおいても「29dB」という低騒音で 済むそうです。 液晶プロジェクタの泣き所、 ホコリの混入対策も強化されました。 吸気口部のフィルターをLP-Z2比で3倍密のフィルターに変更し、 さらに、液晶パネル直下にホコリ吹き飛ばし用の穴を設け、 その穴に同梱の専用ブロアーの先端を差込んで ホコリを吹き飛ばすことが出来るそうです。 これは手軽で嬉しいアイデアですね。 もちろん、それでもとりきれないホコリがあった場合は、 従来通りのメーカー出張サービスも受けられます。 Z2最大のウリであった広範囲なレンズシフト機能も進化し、 上下最大※23画面分(±1画面)、 左右最大※22画面分(±1/2画面)の画面移動が可能な 上下左右レンズシフト機能を搭載しています。 尚、ズームレンズは従来通り、光学1.3倍の手動式だそうです。 入力端子はDVI-I端子が「HDMI端子」に変更になり、 他に「コンポーネント入力2系統」(3RCA端子(Y/CB/CR)×1、 D4端子×1)、Sビデオ入力1系統(S端子×1)、 コンポジット入力1系統(RCA端子×1)、 アナログRGB入力1系統(ミニD-SUB15ピン端子×1) が搭載されています。 ITmedia ライフスタイル:レビュー:劇場がある暮らし――Theater Style 優れた色バランスの秘密は“新光学回路” プロジェクター「LP-Z3」
SONY VPL-HS50
SONYから自社新開発の0.72型720P液晶パネルを搭載した、 コントラスト比1000:1〜6000:1(!)という 「VPL-HS51」(北米モデルの型番)が近日発売される模様です。 米国ではひと足早く3,499ドルで販売と発表されたようですが、 日本でも近いうちに正式な発表が行われるでしょう。 ITmedia ライフスタイる: ソニー、次期家庭用プロジェクターは液晶で6000:1 ≪CEDIA REPORT 2004(9)≫ ソニー、フルHD「SXRD」リアプロTVの視聴デモ AV Phile Digital-AV News エプソン製D4パネル搭載機では「縦縞」が問題になりましたが、 こちらはソニー製のワイドSXGA(1280x720ピクセル)の 液晶パネルを使用しておりますので、 その問題はないと思われます。 DLPプロジェクタ並みの驚愕のコントラスト比からしても、 エプソンのD5パネルが待ち切れない方には 最適な720P液晶プロジェクタになるのではないでしょうか。 6000:1のコントラスト比は、 松下のAE700の「ダイナミックアイリス」と同様に、 輝度信号に応じて絞りがリアルタイムに開閉する機構 によるものだそうです。また、やはりAE700の 「シネマカラーマネジメント」機能と同じような、 特定の色を狙ってその色だけを調整できる機能も搭載 しているそうです。 レンズシフト機能と光学1.6倍ズームの他、 入力端子では、デジタル伝送のHDMI端子、 アナログのコンポーネント、S端子、コンポジット、 D-sub15ピン端子が搭載されています。 (ただ、D端子は省略されています) 「さすがはソニー」と思わせるハイセンスなデザインに加え、 スペック的にも大いに気になる商品です。 (ハッキリ云って欲しい…w) 尚、予想実売価格は、ちょっと高めの約35万前後と なっております。 評判にもよりますが、発売から数ヶ月経って、 売価が26万円前後になれば、AE500と「買い替え」 となるかもしれません。(汗) ※追記※ 「VPL-HS50」 遂にSONYからこのモデルの正式発表がありました。 日本での型番は「VPL-HS50」で、12月1日発売との事です。 SONY ビデオプロジェクターホームページ「VPL-HS50」 尚、この記事をUPした際に ガセ情報を元に「HDMI端子とDVI端子を両方装備」、 と記載しておりましたが、これは誤りでした。 お詫びして、訂正致します。 m(_ _)m AV Watch ソニー、720pパネル/レンズシフト採用の液晶プロジェクタ −シーン連動絞りでコントラスト比6,000:1を実現した新「シネザ」 ITmedia ライフスタイル:レビュー:劇場がある暮らし――Theater Style 御三家とは一線を画すクオリティ ソニー“シネザ”「VPL-HS50」 価格.com 「VPL-HS50」 楽天市場 「VPL-HS50」サーチ結果 > エプソン製D4パネル搭載機では「縦縞」が問題になりましたが、 > こちらはソニー製のワイドSXGA(1280x720ピクセル)の > 液晶パネルを使用しておりますので、 > その問題はないと思われます。 と上に書きましたが、 AV Watch 西川善司の大画面☆マニア 卓越したレンズ解像力が魅力の720pプロジェクタ 〜 自社液晶採用で差別化した「ソニー VPL-HS50」〜 によりますと、このソニー製のワイド液晶パネルでも 縦縞が目視出来るとの事です。 これがD4パネルだけの問題でなく、 透過型液晶パネル全体の問題となりますと、 2005年に発売になるD5パネル搭載機も 同様の欠点を抱える可能性が非常に高くなると 云うことでしょう。 あとは、これをどうやって目立たなくさせるか そこが問題のようですね。 また、「VPL-HS50」のHDMI端子に720P入力をしても 「オーバースキャンされて表示されてしまうため、 画面全域が表示されないばかりか、 映像エンジン側のスケーリング処理を通ってしまい ぼやけた表示になってしまう」という事実も 非常に残念な結果だと思います。








いいもの見つかる40,000点の品揃え!ソフマップ・ドットコム
「週末セール」等の期間限定「プロジェクタ+80インチ・スクリーンセット」はお得!


楽天市場では商品検索後、複数の店の値段を比較して購入出来ます
【楽天市場】マイルームが劇場に大変身!ホームシアター導入特集

前のレポートへ                 次のレポートへ

検索等で直接こちらへいらした方は、こちらをクリックして、フレーム表示のTOPへ お戻り下さい


当ページSHOPアンケート総合一位●murauchi.com●会員登録でDVD20%OFF!
いーでじ!!Yahoo!映画館 DVDソフト20%OFF!
TSUTAYA online
家電品の安さ、品揃えに自信あり!激安!家電のタンタンショップはこちら
ソフマップ・ドットコムは、DVDソフトが豊富!予約商品充実ラインナップ!
「本・CD・DVD・ゲーム」販売買取サイト『ユーブック』


岩窟王の CINEMA KINGDOM
劇場近日公開作王国伝言板日米DVD新譜情報
映画&DVDリンク集個人輸入指南DVD輸入・BBSDVD輸入・FAQ
米国版DVDで見る日本映画投票・お奨め DVD SHOPHOT DVDS
映画雑記初心者のためのAV講座映画三択クイズ
USJ&TDSレポートTDS、USJ、旅行情報LINK |  映画ポスター
Robin Williams Fan Clubロビン・ファンクラブ会員専用BBS