六畳間ホームシアター・レポート

720P液晶プロジェクタ「Panasonic TH-AE500」を中心としたカジュアルシアターへの道

アバックのホームシアター大商談会 その1
2004/07/04

6月26日(土)、27日(日)と
池袋サンシャイン・シティ、文化会館で行われた
アバックの「ホームシアター大商談会」の土曜日の方に
プロジェクタの視聴会目的で行って参りました。

実はアバックのサイトで大商談会の告知を見たのは、
土曜当日の午前11時前でした。
「最新モデル19機種を13面スクリーンにシュートアウト」
という企画も魅力的でしたが、
「AV評論家、麻倉怜士氏によるHITACHI PJ−TX100J、
DENON AVC−3890+DVD−A11、
DALI Helicon 7.1chスピーカーによる視聴セミナー」
というのが午後1時から開催されると書いてあったので
「今から行けば間に合うじゃん」と慌てて出掛けた次第です。


文化会館には午後1時20分前くらいに着いたんですが、
会場は意外と空いていて、前から二列目の中央寄り
という絶好のポジションを確保しました。
スクリーンは、120インチのスナッパーフレーム式
スチュワートでした。聞きませんでしたが、
たぶんスノーマットだったと思います。
実際に目にした「PJ-TX100J」は本当にギョロ目君といった感じでした。


午後1時から休憩の15分を挟んで午後4時まで
コンポーネント接続とDVI接続(なぜか1080iスケーリング)の
DVD再生画像の比較、PAL盤とNTSC盤の比較、
ブルーレイ・ディスクによるハイビジョン映像とDVDとの比較、
休憩後はハイビジョンに絞って視聴が行われました。

※追記※
> DVI接続(なぜか1080iスケーリング)
と書きましたが、麻倉怜士氏は経験上、
DVDプレイヤ側でいったん1080iにスケーリング(解像度変換)
した映像をプロジェクタ側で720Pに変換させた方が、
プレイヤ側で直接720P出力にした場合に比べ、
より、好ましい映像になる場合が多いとお考えのようです。
※追記、終了※


映写が始まると、まず、明るさに驚きました。
120インチでもモードと調整値によっては眩しいくらいです。
それとフォーカスの良さ。クッキリ、ハッキリ系で、
噂通り、フィルムライクというよりは明らかにTVライク
な映像でしたが、黒も締まってなかなかの高画質でした。
(その分、やや黒が沈み過ぎて「黒ツブレ」の傾向もあり)

DVI接続時の色調自体に妙なクセはありませんでしたが、
噂通り、やはり色あいは濃い目でした。
DVI接続時にこれだけ色がたっぷり乗ると、
プレイヤー単体でDVI出力映像の色あいが調整出来る機種でないと
映画などを鑑賞するにはキツイかもしれません。
つまり僕の持っている「V880」では相性が悪いかもしれません。
(DVI接続に関しては自分の手で確かめた訳ではないので
 これはあくまでも想像です。
 それに、V880でも最新ファームを当てれば、
 コントラスト、明るさ、彩度の調整が可能になります。
 この辺りは色あいとも連動しておりますので、
 それらを調整すれば色あいの濃さも調整可能かもしれません)

もちろん、コンポーネント接続時やハイビジョン再生時には
もっと自然な色あいにすることも出来ます。

因みに、近くデノンから、「DVI端子」と「HDMI端子」をふたつ搭載した
10万クラスと15万クラスのDVDプレイヤーが二機種発売されるようです。
まだ詳細は分かりませんが、これらならDVI出力時の色あいの調整も
可能かもしれません。(上級機種のA11では可能ですので)

※追記※
7月15日、デノンから以下の3機種の発表がありました。
●http://denon.jp/company/release/dvdx910.html

標準価格168,000円の「DVD-3910」、94,290円の「DVD-2910」に加え、
46,200円の「DVD-1910」にも720Pと1080iへのアップコンバート機能付きの
DVI端子が装備されていたのには正直驚きました。
まあ、DVI端子付720P液晶プロジェクタが15万円前後で買えるとなると
高級機ばかりのDVI出力搭載機も早晩、価格を下げざるを得ないだろう
とは思っていましたが、こんなに早く実現するとは…。
しかもこの価格ですからね。
始めは、せいぜい10万円前後の中級機からだろうと思っていました。

やはり、V880を始めとするアジア製低価格機の台頭の前に
背に腹は代えられないというところなのでしょう。
こうなると、他の国内メーカーの同価格帯のDVDプレイヤーも
秋の新製品辺りから続々とDVI端子を装備して来そうで楽しみです。
最近は6、7万円代のHDD/DVDレコーダーが売れていて、
5万前後の再生専用プレイヤーは中途半端な存在なので
この価格帯のDVDPにDVI端子が搭載される動きは、
結果として新たな付加価値の提案となって
メーカーにとっても喜ばしい結果を生むのではないでしょうか。
※追記終了※


唯一、気になった点を挙げますと、
i/p変換の精度に多少問題があるのか、
コンポーネント接続で観た国内盤の「8人の女たち」では
かなり動きボケが目立ちました。
視聴に使った他のNTSCのDVDは24f(フレーム)収録のもので
それらのDVDやハイビジョンではまったく動きボケは感じませんでしたが、
国内盤の「8人の女たち」は60f(フレーム)収録なので
それが影響してボケが表れたのだと思います。
DVDPがA11ですらこれでは、低価格機だとかなり気になりそうです。

※余談
麻倉怜士氏が国内盤の「8人の女たち」を再生したのには
背景があります。
麻倉氏は、NTSC盤とPAL盤とハイビジョン(ブルーレイ)
の映像比較を行うために、この「8人の女たち」を選んだのでした。
しかしこれは期せずして、完成度の高い「PJ-TX100J」も
ソースによっては動きボケが目立つと、証明してしまう結果に
なってしまいました。
暗くて見えませんでしたが、この瞬間、セミナーに立ち会っていた
日立の方の顔色は真っ青だったに違いありません。(苦笑)
しかし、深読みしますと、その弱点を明らかにするために
氏はあえて、このタイトルを選んだのかもしれません。
動きボケが目立ちやすい場面をわざわざ選んで
再生していたようにも思えるからです。
…因みに、雑誌「HiVi」2004年7月号のベストバイ
「プロジェクタ1」(25万円以下)部門での採点で麻倉氏は、
「TH-AE500」をベストワンに推しております。(「PJ-TX100J」は次点)
以上、余談でした…。


それから各調整機能に関しては、
リモコンから直接各調整が出来るなど、かなり幅広く
自由度の高い調整が可能のようでした。
これなら調整次第でどんな画でも作れそうです。

因みに縦縞はやはり薄っすらとありました。
最初に映写した「Taxi 3」の映像ですぐに気付きました。
でも、他の720P液晶プロジェクタと比べて
すごく目立つという訳ではないと思います。

埃の混入に関しては、日立の方から説明がありましたが
随分工夫したとのことで、他機種より入りにくい構造になっている
との事でした。
(しかし、埃が混入した、画素欠けがあったとの報告が
 価格.comの掲示板に既にありましたがw)

それから、「PJ-TX100J」のランプ交換の目安は
2,000時間だそうです。(交換を促す警告文が出るそうです)
AE500の場合は、エコノミーモードで使用して
約5,000時間とのことですが、その頃には液晶パネルの経年劣化
もあるでしょうから、微妙です。(苦笑)

また、日立の方は、
このプロジェクタはビデオ素材のハイビジョン放送と
アニメ・ファンを強く意識して設計された
とも申しておりました。
そう云えば、アニメ向きの画作りかもしれません。

尚、視聴会終了後に直接日立の方に念のため聞いたところ
視聴に使ったモデルは試作機ではなくて
量産機ということでした。(視聴開始時で使用33時間目でした)


結論としては、完全には暗く出来ない広いリビングなどで
ハイビジョン放送をメインに100インチ前後で使うのなら、
このプロジェクタはクラスで最強だと思います。
特にハイビジョンのビデオ素材の画質の素晴らしさは
このクラスでも一、二を争うデキでしょう。
また、1.6倍ズームやレンズシフト機能がありますので、
設置場所が狭い部屋でも広い部屋でも幅広く対応出来る点も
素晴らしいと思いました。
こういったユーザーの使い勝手を優先した設計は、
特にリビングなどで家族と一緒に楽しみたい方には
嬉しい配慮でしょう。
意外と賛否両論のようですが、個人的には
「Woooハイビジョンレンズ」を強調したデザインも良いと思います。

ただ、やはり映画を長時間観るにはもう少し
フィルムライクな調整をしないとキツイかもしれません。
AE500なら何時間でも観ていられる僕が、
休憩を取る頃にはかなり目に疲労を感じていましたので。


最後に、「TH-AE500」ユーザーとして
愛機と「PJ-TX100J」を比較した感想を申しますと、
DVD再生時のフォーカスの良さ、
それによる映像の力強さは本当に羨ましいと思いました。
もし「TH-AE500」を持っていなかったら、
僕もこれを買っていたかもしれません。
まあ、個性が違うのでかなり悩んだでしょうが…。(苦笑)
「TH-AE500」の魅力は「映像の繊細さ」にあると思いますし、
基本性能の高さは日々実感しておりますからねぇ。
それに今や、「TH-AE500」はクラス最安値ですから
「PJ-TX100J」との売価の差を考えますと、
やはりCPの高さでは依然、AE500に分があるかなとも思います。







Amazon.co.jp アソシエイト

楽天市場では商品検索後、複数の店の値段を比較して購入出来ます
【楽天市場】マイルームが劇場に大変身!ホームシアター導入特集

前のレポートへ                 次のレポートへ

検索等で直接こちらへいらした方は、こちらをクリックして、フレーム表示のTOPへ お戻り下さい


当ページSHOPアンケート総合一位●murauchi.com●会員登録でDVD20%OFF!
いーでじ!!Yahoo!映画館 DVDソフト20%OFF!
TSUTAYA online
家電品の安さ、品揃えに自信あり!激安!家電のタンタンショップはこちら
ソフマップ・ドットコムは、DVDソフトが豊富!予約商品充実ラインナップ!
「本・CD・DVD・ゲーム」販売買取サイト『ユーブック』


岩窟王の CINEMA KINGDOM
劇場近日公開作王国伝言板日米DVD新譜情報
映画&DVDリンク集個人輸入指南DVD輸入・BBSDVD輸入・FAQ
米国版DVDで見る日本映画投票・お奨め DVD SHOPHOT DVDS
映画雑記初心者のためのAV講座映画三択クイズ
USJ&TDSレポートTDS、USJ、旅行情報LINK |  映画ポスター
Robin Williams Fan Clubロビン・ファンクラブ会員専用BBS