In Affiliation with AllPosters.com
Click here to buy movie posters!

Now Playing !

2001年1月〜2月、注目の公開作(Vol.2)

ペイ・フォワード 可能の王国 ‖ ハート・オブ・ウーマン
ふたりの男とひとりの女 ‖ ファイナル・デスティネーション
追撃者 ‖ アヴァロン ‖ アンブレイカブル

レッド・プラネット ‖ ギャラクシー・クエスト

2001年1月〜2月、注目の公開作(Vol.1)へ戻る
●2001年全米公開の超話題作、先取り情報へ


ファイナル・デスティネーション・画像クリックで公式ページへ

★人気TVシリーズ『X−ファイル』『ミレニアム』などの脚本を手掛けてきた中国系アメリカ人、ジェームズ・ウォンの長編初監督作品。全米大ヒットを受けて早くも続編の製作が決定している。
 日本ではあまり馴染みの無い若手俳優を起用しているが、ストーリーの面白さと演出のセンスの良さでグイグイ引っ張って行くホラー映画である。
 何しろこの連続殺人事件の犯人は「死」そのもの。誰もが生活の中で体験しそうな何気ない偶然の積み重ねが登場人物の死を招くので、物語の中盤以降は片時も目を離せない緊張感がある。
 果たして、主人公達は「死」そのものをやり過ごすことが出来るのか?意外な「死」の訪れに鑑賞中何度か悲鳴をあげる事、必至!

日本語公式サイト
アメリカ公式サイト
ファイナル・デスティネーション
●Final Destination

■あなたはいつ死にますか

 修学旅行でフランス行きの飛行機に搭乗した高校生アレックス(サワ)は、この旅客機が離陸直後に大爆発して全員が犠牲者になってしまう悪夢を見る。極度のパニックに襲われた彼は騒ぎを起こし、それに巻き込まれた5人の同級生と担任の女性教師と共に空港に残される。
 だがその数分後、彼の予言は現実となり、7人は偶然にも九死に一生を得る。だが、それは恐怖の始まりでしかなかった。“死"に魅入られた者の“行き着く先(ファイナル・デスティネーション)"は、“1カ所”しかないのか……?

監督:ジェームズ・ウォン
製作:グレン・モーガン、クレイグ・ペリー、ウォーレン・ザイド
製作総指揮:リチャード・ブレナー、ブライアン・ウィッテン
原案:ジェフリー・レディック
脚本:グレン・モーガン、ジェームズ・ウォン、ジェフリー・レディック
撮影:ロバート・マクラクラン
音楽:シャーリー・ウォーカー
出演:デヴォン・サワ、アリ・ラーター、カー・スミス、シューン・ウィリアム・スコット、チャド・E・ドネーラ、アマンダ・デットマー、クリスティン・クローク
1時間38分/カラー/ビスタサイズ/配給:ギャガ・ヒューマックス共同

■1月20日 みゆき座ほか全国東宝洋画系にて公開
(C) New Line Cinema, Inc. All Rights Reserved.

追撃者・画像クリックで公式ページへ

★「もうアクション映画は卒業」と云って『コップランド』に主演したスライが、3年ぶりにスクリーンにカムバック。どこからもオファーが来なかった苦悩の3年間を経て、舞い戻った先はやはりアクションの世界だった。
 組織のボスに「狙撃者」で主演を務めたマイケル・ケインが顔を出す他、ヒロインに若手の人気女優レイチェル・リー・クック、宿敵に「猫パンチ」で有名な俳優兼ボクサー(?)のミッキー・ロークを配している。

日本語公式サイト
アメリカ公式サイト

追撃者
●Get Carter

■心に刺青あり

 過激なバイオレンス・シーンの連続と独特のハードボイルド・タッチの映像センスで、今でもカルト的人気を保っている1971年のクライム・アクションの傑作「狙撃者」のリメイク。ラスベガスの裏社会を生きる悪党が、弟を殺され、組織に復讐を誓う。

監督:スティーブン・ケイ
脚本:デヴィッド・マッケンナ
撮影:マウロ・フィオレ
編集:ジェリー・グリンバーグ
音楽:タイラー・ベイツ
出演:シルベルター・スタローン、レイチェル・リー・クック、ミッキー・ローク、 アラン・カミング、ミランダ・リチャードソン、マイケル・ケイン
1時間42分/カラー/ビスタ/DD SRD.SR/配給:日本ヘラルド
■1月13日、日比谷映画ほか全国東宝洋画系にて公開
(C)2000 Warner Bros. All Rights Reserved.

avalon 画像クリックで公式ページへ

★北欧神話で「りんご(ブリトン語のアヴァル)の島」を意味する伝説の島「アヴァロン」。この島には数々の癒しの女神が住み、あらゆる時代に活躍した戦場の英雄たちが集うと云われている。
 制作から完成まで2年。ビルボードのビデオ部門で1位になった『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の押井守監督による待望の新作映画がこの『アヴァロン』だ。ポーランドで撮影された実写フィルムを元に、全編に渡ってデジタル加工を施し、未体験の映像を作りあげている。

公式サイト
ガブリエルの憂鬱〜押井守公式サイト
アヴァロン
●Avalon

■これが私の現実だ

  喪われた近未来。現実への失望を埋め合わせるべく、 若者達は仮想戦闘ゲームに熱中していた。 架空の世界で繰り返される死。 その見返りとしての興奮と報酬は多くの若も似を熱狂させ、 パーティと称する非合法集団の群と無数のゲームフリークスを出現させた。 時に脳を破壊され、未帰還者と呼ばれる廃人を生み出す危険なゲーム。 人々はこの呪われたゲームを英雄の眠る場所---<アヴァロン>と呼んだ。

監督:押井 守
脚本:伊藤和典
撮影:グジェゴシ・ケンジェルスキ
美術:バルバラ・ノバク
ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー:古賀信明
デジタル・アート・ディレクター:林 弘幸
美術デザイナー:渡部 隆
メカニックデザイナー:竹内敦志
音響デザイナー:井上秀司、ランディ・トム
音響監督:若林和弘
特殊造型:品田冬樹音楽:川井憲次
出演:マウゴジャータ・フォレムニャック、ヴァディスワフ・コヴァルスキ、イエジ・グデイコ、ダリュシュ・ビスクプスキ、バルテック・シヴィデルスキ
1時間42分/カラー/シネマスコープ/制作:デイズ、バンダイビジュアル、メディアファクトリー、電通、日本ヘラルド
■1月20日より丸の内シャンゼリゼ、渋谷東急3他にて公開
(C)2000 Mamoru Oshii and Avalon Project. All Rights Reserved.

アンブレイカブル 画像クリックで公式ページへ

★「シックス・センス」で全世界を震撼させたM・ナイト・シャマラン監督が自らの脚本でまたまた放つ、衝撃のスリラー作品。前作でオスメント少年に食われっ放しだったブルース・ウィリスが再び主演を務める。共演者にウィリスの推薦で『ダイハード3』で共演済のサミュエル・L・ジャクソン。ショーン・ペン夫人のロビン・ライト=ペンがヒロインを務める。
 M・ナイト・シャマラン監督の期待の新作ということで新春一番の注目作であるが、一足早く公開されたアメリカでは、「グリンチ」の異常人気に押されて初登場2位に甘んじた。

日本語公式サイト
アメリカ公式サイト
アンブレイカブル
●Unbreakable

■真実を知る覚悟はあるか...?

 131人もの乗客が死亡する悲惨な大列車事故が起こる。唯一の生存者はデビッドという中年男。奇跡的にも、彼は傷ひとつ負っていなかった。「なぜ俺だけが?…。」デビットは恐怖と苦悩の日々を過ごす。そんなある日、見知らぬ男が奇妙な「実験」の申し出をしてくる。果たして、この奇蹟の真の意味とは何か?

監督:M・ナイト・シャマラン
製作:バリー・メンデル、サム・マーサー、M・ナイト・シャマラン
製作総指揮:ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンバウム
脚本:M・ナイト・シャマラン
撮影:エデュアルド・セラ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、 ロビン・ライト=ペン、スペンサー・トリート・クラーク、 ナタリー・ハルトマン
/35mm/DTS , Dolby Digital , SDDS /配給:ブエナビスタインターナショナル(ジャパン)
■2001年2月、丸の内ルーブルほか全国松竹・東急系にて公開
(C)2000 TOUCHSTONE PICTURES.ALL RIGHTS RESERVED.




"Coming Soon!" TOP

−2000年9月− −2000年10月−
−2000年11月− −2000年12月−
−2001年1月〜2月− −2001年2月〜3月−
−2001年4月− −2001年5月−
 −2001年6月−  −2001年7月−
−2001年8月− −2001年9月− −2001年10月−
−2001年11月−

HOME】【王国伝言板】【新譜情報
映画&AVリンク集】 【映画雑記】【ロビンF・C