プレーヤーとAVアンプの関係


プレーヤー購入時とAVアンプ購入時の留意点

 現在発売されているDVDP、コンパチにはほとんど全てにドルデジ・dtsのデジタル出力が備わっています。新品を買えばこの点については問題はありません。
 しかし、再生にはそれぞれのデコーダーが必要になります。

 プレーヤーには、ドルデジやdtsのデコーダーが搭載されている物と、されていない物があります。これは主に価格差となって表れます。
 最近では、中級機以上のDVDPには、DDだけではなく、dtsデコーダーも搭載したプレーヤーも発売されるようになりました。しかし、エントリークラスのDVDPには、まだまだDDデコーダーさへ搭載されていないのが現状です。(PS2には勿論、搭載されません)

 ですから、そういった低価格プレイヤーの場合は、DDやdtsにはAVアンプ側、又は単体のデコーダーで対応することになります。
 この際、DVDプレーヤー側のDD&dts出力はデジタル信号(ビット・ストリーム信号)で行われます。その為、『dts(またはDD&dts)にはデジタル出力にて対応』又は『このプレーヤーはdts対応』などと云う表現がよく使われます。

 AVアンプにデコーダーが搭載されていれば、プレーヤー側には特に必要はないのですが、デコーダー付DVDPにあると便利な機能があります。一部のDVDPが採用している「バーチャル・サラウンド」という機能です。

 これは、5.1 Chのドルデジを簡易的に2チャンネル(ステレオ)にミックス・ダウンしてくれる機能で、ステレオ音声TVやミニコンだけでもドルビー・デジタルのソフトが楽しめるようになります。AVアンプは資金的に後回し、という方にはお勧めのプランです。
 (しかし、このところデコーダー未搭載のDVDPに簡易DSPを付けて「バーチャル・サラウンド」を名乗っている会社が多いので混同しないようにして下さい。これはドルビー・サラウンドやCD音声に残響音を加えているだけで、ドルデジの「バーチャル・サラウンド」とはコンセプトが違います)

 また最近では、AVアンプ側にこの「バーチャル・サラウンド」の機能が付いた機種も発売されています。この場合は、組み合わせるDVDP側にデコーダーや「バーチャル・サラウンド」機能は特に必要ありません。デコーダー未搭載のDVDPを持っている方が、新たにAVアンプを買う時には、この機能のあるアンプも候補として考えてみて下さい。

 ドルデジ、またはdtsデコーダー搭載のDVDPには、必ず5.1 チャンネルのアナログ音声出力が装備されていますので、この場合は、組み合わせるAVアンプ側に、特にデコーダー搭載機を用意する必要はありません。
 しかし、DVDP、AVアンプの両方にデコーダーが搭載されている場合、アナログ接続かデジタル接続でこれを組み合わせれば、AVアンプ内とDVDP内のデコーダーの音の違いを比較したり、楽しんだりすることが出来ます。これは最新の機材と旧型の機材を組み合わせる時など、試してみる価値ありです。勿論、試した後、高音質な方の接続で常用する様にします。

 また、5.1 Chのアナログ入力でのみドルデジとdtsに対応している低価格AVアンプ(価格を抑える為にデコーダーは未搭載)と組み合わせる場合は、当然ながらDVDP側にDDやdtsデコーダーが無ければ、ドルデジやdtsを楽しむ事は出来ません。この場合には、それぞれ、別売りの単体デコーダーを用意する必要があります。


 AVに詳しくない方が予算だけを考え、低価格機同士でシステムを組んだ場合、最悪、DVDPにもAVアンプにも、DDデコーダーが未搭載のままのAVシステムになってしまう可能性があります。
 dtsデコーダーはソフトが少ないので諦めるにしても、最低、DDデコーダーだけは必要ですから、この点には注意しましょう。
 「●●対応」というのは、けして「デコーダー搭載」を意味する言葉ではなく、「組み合わせる相手にデコーダーが搭載されていれば、対応します」という意味なのです。


*補足
 最近発売された低価格AVアンプ、ソニー STR-V626 \50,000、ヤマハ DSP-A595a \53,000 などは、DDデコーダーとdtsデコーダーを両方搭載しています。今後は、低価格のDVDP、AVアンプでも、両デコーダー搭載の機器が増えてゆくと思われます。

LDとDVDのドルビー・デジタル再生

 DVDソフトは新譜の発売タイトル数では、もはやLDを凌駕しています。しかし総タイトル数で考えると、約2万タイトルもの資産を持つLDを、そう簡単に見限る訳にもいかないのが現状です。
 そんな状況を反映してか市場で一番売れているDVDPはパイオニアのLD/DVDコンパチ機であります。

 これからDVDPを買い求める予定で同社のDV−L919やDVL−H9を候補に挙げている方も多いと思います。そんな方が注意しなくてはならないのは、LDとDVDではドルデジの出力信号規格が違う点です。

 LDのドルビー・デジタルは別名AC−3と呼ばれ、(同じデジタル記録なのですが)DVDがビット・ストリーム信号出力なのに対して、RF変調信号出力を用いています。
 この為、LDでドルデジ再生をする為には、アンプ側でRF信号を復元してやる必要があるのです。その機能を持つのが、「RFデモジュレーター」です。

 これは単体でも発売していますし、定価で10万前後のAVアンプには始めから内蔵されています。LDもドルデジで楽しみたい方は、出来ればRFデモジュレーター内蔵型のAVアンプを購入して下さい。
尚、LDPとDVDPの伝送方式の違いはDDだけで、dtsにこういった問題はありません。

AVアンプのDSPについて

 AVアンプを選ぶ際に留意しなければならない点は、基本的な音質・音色は勿論、デジタル入力(同軸と光)端子の種類と数、オーディオも含めたアナログ音声の入出力端子とビデオ入出力端子の数(将来買い足す機材の事も考えて、拡張性や発展性の高いものを)、LDも楽しむ場合はAC−3入力端子の有無などですが、機能面で各メーカーの特色が最も表れるのはDSP(デジタル・サウンドフィールド・プロセッサー)部だと思います。

 DSPとは、簡単に云うとデジタル処理による「残響音」のことで、これをオーディオソフトやAVソフトの音声に加えると、狭い自室に居ながらにして、ジャズやロックのライヴ・ハウス、教会、コンサート会場、映画館などの雰囲気が臨場感たっぷりに楽しめる様になります。

 しかし同じDSPと云っても各社によって考え方やアプローチの仕方はそれぞれで、それが各AVアンプの個性の違いとなって表れるワケです。

 このDSP技術で有名なのがヤマハでありますが、代表的機器のAX1などは、最大で8.2Ch(5Chプラス、フロント・エフェクト用2Chと、マトリックス・6.1チャンネル用のセンター・リアスピーカーの8Ch+サブ・ウーハーL・R。A1は7.2Ch、A2は7.1Ch)にもなるスピーカー・セッティングや各種の設定が容易ではなく、中・上級者向きの印象が強いです。しかし、使いこなせれば他のアンプにはない臨場感が味わえることも事実です。
 その他ではソニー、デンオンのAVアンプが非常に評価が高く、お勧めです。

スピーカーについて

 ドルデジとdtsに完全対応する為には、5本(ヤマハの一部の機種は7本か8本)のスピーカーと一台のサブ・ウーハー(重低音専用スピーカー)を用意しなければなりません。

 この5本のスピーカーは、理想的には同一のものが良いです。これが無理な場合は同一のメーカーのもので統一して下さい。音色が似通っていないと一緒に鳴らした時にかなりの違和感があり、前後左右の音場のつながりも悪くなります。

 ソースは映画がメインという方には、5.1 Chが一組になったスピーカー・セットをお勧めしたいです。最近はヤマハやパイオニア、ソニー、ビクターなどから10万前後で発売されていますし、サブ・ウーハーはありませんが、BOSEのスピーカー・セットもたいへんな人気です。(一部のスピーカー・セットにはAVアンプ付きで「ドルビー・プロロジック」にしか対応してないものがあります。購入の際は必ずドルデジ対応かを確かめて下さい)

 音楽もよく聴くので、お気に入りのオーディオ・スピーカーを活用したいと考える方や、いくつもスピーカーを置きたくない(あるいは置けない)方には、僕も愛用するAVアンプのソニー9000ESか、新製品TA−V777ES(\198,000)、ヤマハのDSP−AX1などをお勧めします。
これらのアンプなら、フロント2チャンネルだけでもドルデジ・dtsにDSPを加えた『バーチャル・サラウンド』が楽しめます。完全対応の5.1 Chスピーカー・システム程ではないにしろ、良質なフロント・スピーカーであれば想像以上に効果は高いですよ。


 さて、音響に関するAV講座はひとまずこの辺で終わりにします。
次のページでは、いま話題の『プログレッシブ方式』を中心とした映像面について書いていきましょう。

Amazon.co.jp アソシエイト
In Affiliation with AllPosters.com
Buy movie posters!
In Association with Amazon.com
Amazon.com
Video Universe - Hot Movies At Low Prices!
Videouniverse.com


BACK  王国の入口へ  NEXT

HOME】  【NEWS】  【劇場】  【LINKS】  【雑記&MENU】  【BBS】  【新譜】  【投票】  【ロビン