「どですかでん」「どん底」


豪華な「貧しき人々」
  風太郎忍者   1999/10/02

『どですかでん』初めて拝見。

山本周五郎原作ということで
説教臭かったらどないしょ〜
と、内心おそれてましたが・・・
板塀、障子、捻りハチマキに至るまでの
シュールなほどに華麗な色彩配置、
なんだか後年の、大好きな『乱』を
思わせられてビックリしました。
さぞかし黒澤さんは本作において
美術担当者に口うるさく
注文をつけたことでしょうね(笑)

成瀬さんはカラー作品を撮るのが嫌いで
「<色>が邪魔だ」とか言ったそうですが
反対に、黒澤さんはカラー作品において
水を得た魚、状態になられるのかな?
(勿論、白黒作品もスゴイですが)

『乱』では「色彩」が主役みたいで
「人間」が殆どかすんでた気がしますが
この作品の登場人物たちは個性的で
永く記憶に残りそうです・・特に、かつて
バクスターさんを戦慄せしめた(笑)
伴淳のカミさん(丹下キヨ子)!!
彼女が登場するシーンには
場内、緊張してました(笑)

同時上映
『どん底』
狭い空間でお話が展開するので
当然、一人一人の役者さんの演技に
注目がいくわけでしょうが
皆さん、まさに、競って演じてますね!!
左ト全のセリフ、初めて
聞き取りやすくて、感激しました(笑)



岩窟王  1999/10/02

>風さん

「どですかでん」は黒澤監督の初めてのカラー作品
ですが、確かに色が印象的な作品ですね。
監督は地面やセットをいろいろな色で塗ったり、
建物の影を直接地面に書き込んだり、
さまざまな実験的手法を取り入れました。
実は黒澤さんも当時のカラーフィルムに対しては
かなり不満を持っていて、カラー作品を作ることに
躊躇があったようです。
しかし、TVもカラー時代になり、しばらくぶりの
映画ということもあったので、徹底的に色で遊ぼう
開き直った結果があの作品になったんですね。



この作品以後、東宝は配給だけになり、監督は制作費
集め
に苦しめられることになります。
ですから、この作品の制作期間はかなり短く、それまでの
黒澤組では考えられないスピードで撮影されています。

俳優もそれまでの黒澤組の俳優ではなく(彼らが有名になって
しまい、ギャラ的にもスケジュール面でもそれまでのような
拘束が出来なくなっていた所為もありますが...)、
初めて組む俳優が多いですし、ストーリー的にも演出的にも
以前の黒澤作品と比べると、ちょっと異色な味わいがあります。

実は、それには深いワケがあるんです...。



三船さんとの集大成となった超大作
「赤ひげを終え
今後は資金的に有利なハリウッドへ製作の場を移して
黒澤さんは名実ともに「世界のクロサワ」になるはずでした。

「暴走機関車」という脚本を書き上げ、アメリカの映画会社
と協議の上、ロケハンまで行いましたが、
さまざまな理由でこの企画は潰れてしまいます。

その後、傷心の監督のもとに真珠湾攻撃を日米両方から
描いた超大作
「トラ!トラ!トラ!」の監督の話が来ます。
今度は天下の20世紀FOXが製作する戦争巨編です。
今度こそ!と準備に入った監督でしたが、
これもFOX側との意思の疎通がうまくいかないなど、
さまさまな理由により、撮影に入っていたにもかかわらず
精神的疾患の疑いがあり、監督出来る状態にない
として、一方的に監督を解任されてしまいます。

この2件の事件に関しては、黒澤プロと海外の映画製作会社
との間に入ってコーディネイターとして動いていた人物に
複数の不審な言動があり、この人物がさまざまなトラブルの
原因を生んだ疑惑があるのですが、
(ファンとしては恨み骨髄の野郎です)
とにかく、映画監督として脂の乗りきったこの貴重な期間に
黒澤さんは一本の作品も撮ることが出来ませんでした。
世界の映画史にとって、なんたる損失でしょう。


そして邦画の衰退とTVに迎合しかけている自分に絶望した
監督は、自宅で自殺を計ります...。
幸い、命を取り留めた監督が5年ぶりに撮ることになったのが
この
「どですかでん」です。

これ以降の作品と
「赤ひげ」までの作品がどこか決定的に違う
のは、モノクロとカラーという以外に、この5年間の悲痛な経験
影響していると思います。
「どですかでん」は
新生・黒澤明出発点になった作品です。

Amazon.co.jp アソシエイト
In Affiliation with AllPosters.com
Buy movie posters!
In Association with Amazon.com
Amazon.com
Video Universe - Hot Movies At Low Prices!
Videouniverse.com


目次へ



BACK  王国の入口へ  NEXT