ジョーン・フォンテーンとオリビア・デ・ハビラント


CCバクスター
  2000/02/25

ところで、ジョーン・フォンティーンとテレサ・ライトって
血縁関係有りましたっけ?、姉妹??
昔、どっかで小耳にはさんんだ様な気が・・・
私の持っている資料では何も記載無しです。
妙に気がかりなんですが、岩窟王さんご存じですか?



ジョーン・フォンテーンのお姉さんはオリビア・デ・ハビラント
岩窟王
  2000/02/25


>CCバクスターさん

ジョーン・フォンテーンのお姉さんは
テレサ・ライトではなく、
「風と共に去りぬ」で病死する良妻
メラニーを演じたオリビア・デ・ハビラントですね。

この姉妹は1941年にオスカーの主演女優賞に
そろってノミネートされたのですが、
この時にオスカーを授賞したのが
「断崖」
ジョーン・フォンテーンでした。

授賞式場で姉に握手を求めた妹に対し、
デ・ハビラントは「わたしの気持ちはわかってるくせに...」
と言ってそっぽを向いてしまったといいます。

この時から姉妹間の確執が公になり、
以後この2人は、晩年まで疎遠の関係だったようです。


デ・ハビラントはこの2年前の'39年に
「風と共に去りぬ」のメラニー役で助演女優賞に
ノミネートされ、自他共に大本命と目されていました。
しかし蓋を開けてみるとオスカーは、
同じ「風と共に去りぬ」のマミー役でノミネートされていた
黒人女優のハティ・マクダニエルに行ってしまいました。
彼女はオスカーを受けた初めての黒人として有名ですね。
(彼女は生涯独身で過ごし、晩年は貧困の中で亡くなりました)


まあ、そんなこんなで自棄になったのかデ・ハビラントは
スタジオに「より良い役と有利な契約」を主張します。
その結果、契約していたワーナーの逆鱗に触れ、干されてしまい、
裁判ざたなどで3年の間スクリーンから遠ざかります。
このエピソードは、銀幕のメラニーの印象からは
想像も出来ませんね。

そして、やっと復帰した
「遥かなる我が子」という作品で
'46年に念願のオスカー主演女優賞を授賞します。
しかし現在、
この作品自体はすっかり忘れ去られています...。

ハリウッドの女優さんというのは、
今も昔も激しい性格の方が多いようですねぇ〜♪

Amazon.co.jp アソシエイト
In Affiliation with AllPosters.com
Buy movie posters!
In Association with Amazon.com
Amazon.com
Video Universe - Hot Movies At Low Prices!
Videouniverse.com


目次へ



BACK  王国の入口へ  NEXT